2016年の12月、一軒家の外壁・屋根の塗装をしてもらいました。

            

2016年の12月、一軒家の外壁・屋根の塗装をしてもらいました。
我が家は借家なので、大家さんが古くて外壁が色褪せてきたのを気にして、大家さんの馴染みの業者さんに依頼してくれました。

大家さんからは「作業が始まっても、何も気にしないで生活してくれればいい」と言われていたけれど、実際住んでる身としては、初めての事だしご近所や業者さんに失礼があってはいけないと思い、作業前から色々と業者さんに相談させてもらいました。

ご近所への挨拶は業者さんがやってくれて、よくいう10時や15時のおやつなども必要ないと言われたので、本当にただおまかせして普通に生活しているだけでした。

家の外側全体を洗うのに水道を使ったり、作業するのに電気のコンセントを貸したりしたのは、事前に聞いてなかったのでちょっとビックリしたし水道代や電気代がどれだけかかるのか心配になったけど、水道代と電気代を合わせても1000円いかない程度なので、そのくらいは借りてる人が負担したほうがスムーズだとネットに書いてあったから、安心して我が家で負担しました。

作業は雨が降ったりして予定より数日延びたけれど、仕上がりはとても綺麗になって満足でした。何かあるとその都度業者さんが希望がないか尋ねてくれて、こちらもお話ができて、仕上がりまで色々と微調整できたおかげかなと思います。近所のおじさんが「作業中、全然地面に塗料が垂れてなかったし、丁寧にやってもらえてよかったね、いい業者さんだ」と褒めていました。

最後には余った塗料で家の中の色褪せた木の部分なども塗り直してくれたし、親切な業者さんにやってもらえてよかったと私も思っています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です