屋根の塗装とサイデングを洗浄しました。

            

私の家は築14年の2階建てで屋根は無落雪です。北海道の多雪地帯を除いて屋根を無落雪にしている家が多いです。無落雪とは屋根の傾斜を緩やかな勾配にして雪が一度に落ちない様に設計しています。

屋根に雪が積もると家の温かみと太陽の日差しの温もりで少しずつ落下します。しかし年月が経つと、今まで大した問題もなかった屋根が大雪の降った後に雨が降ったり、寒暖の変化が大きかった年に変化が出て来ました。

屋根に積もった雪は少しずつ動き10センチほど雪庇の様な状態になったので落下すると思いましたが、翌日の寒さで氷の板状になりました。その板状の氷が次第に伸びて30センチほどになりました、この様な状態は経験ありません。今まで屋根に積もった雪はほぼ真下に落下していましたが、この様な状態では隣の家の庭に落下して、場合によっては落下した氷が跳ね上がり窓を割る可能性もあります。

この時は業者に依頼して屋根の雪落としをして貰いました、業者は「トタンが経年劣化で若干滑りにくくなっているのも原因だと思います。」と言われたので、もし大事に至ったら大変なので塗装する事にしました。

知り合いの塗装業者がいないので最近近所で屋根の塗装をした方に聞いたら、信頼できる業者なので紹介しましょうと言ってくれました。業者は塗料が飛散しないように家をぐるりとシートで囲い作業する事2日で終わりました、ついでに壁のサイデングの汚れも清掃してもらい、新築かと思う程綺麗になりました。金額は約30万円でしたが「20年は持ちます」と言われたので当分安心です。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です