外壁塗装を行うまでの経緯や行った後の感想

            

外壁塗装を行う前は単純に家の外装を綺麗にするだけのものと思っていて、20年程何もせずに放置していましたが、壁のひび割れ等が起こってきて、業者にチェックしてもらった時に外壁塗装をすすめられたものです。

外壁塗装は外壁をペンキで綺麗に塗るだけではなく、家の耐久性をアップさせる効果に優れていて、本来ならば10年周期程度で行う事が望ましいとされています。

あまりにも放置していたので、塗装だけでは部分的には補修工事も行った上で塗装する必要がありましたし、外壁が剥がれて内部侵食していた所が少しだけあったので、やはり定期的に塗装工事を行った方が良いです。

屋根に関しても太陽光発電設置も兼ねて、塗装や補修が必要になっていて、結構なコスト負担に繋がったのですが、塗装後は新築のような印象に変貌して、雨風や紫外線に対して強くなった事がよく解りますし、雨が降った時に染み込んでいた部分も無くなったので、非常に効果的なリフォームであると感じます。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です