外壁塗装をした方がいいサインとなる症状

            

外壁の劣化は築10年が目安と言われているので外壁塗装をする時も築10年を目安にするという人が多いです。

しかし外壁は太陽の日差しを浴び続けたり雨や風の影響によって劣化していくので住んでいる地域によって劣化の進行具合も大幅に変わってきます。そこで外壁塗装をした方がいいサインとなる症状があるので見ていく事にしましょう。

太陽の日差しを浴び続けたり雨や風の影響を受けると塗料に含まれている樹脂成分が失われてくるので防水機能が低下してきてしまいます。症状としては外壁を手で触った時に粉が付くのでチョークを使用していたような感じになります。これをチョーキングと呼んでいて外壁塗装をした方がいいというサインになるのでしっかり覚えておきましょう。

チョーキングがさらに酷くなってくると今度は外壁にひび割れが発生してしまいます。ひび割れはそれほど酷いものではないので放置してしまう人も多いですが、雨が降った時に外壁に染み込みやすくなってしまい鉄骨や鉄筋を腐食させてしまいます。それにより老朽化が早まってしまうのでなるべく早めに外壁塗装をして対策していく必要があります。ひび割れが出た時は外壁塗装をした方がいいではなくする必要があるというサインなのでしっかり覚えておきましょう。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です