屋根の根安コロニアル屋根

            

屋根の塗装の目安と言っても屋根には、瓦屋根、コロニアル屋根、折版屋根など色々ありますので一概にこれだと言える塗装、塗料はありません。

基本的に瓦屋根に塗装は有効ですが、瓦屋根は瓦に熱を吸収するので、色々メーカーは出してますが、あまり意味がありませんが、コンクリート製の瓦には、塗料が塗膜となりコンクリートの劣化を防ぐので有効です。今の家は大半がコロニアル屋根ですが、コロニアルにも有効です。

本来コロニアル屋根は、タール製なので、アスファルトと同じですので、アスファルトも劣化します。黒より白色になってきたら、タールが太陽で、分解されたので、アスファルトも張り替え時期の目安いなります。

それと同様にコロニアル屋根もタールでできていますので塗装のやり直しの時期の目安となります。関係はありませんが、国鉄時代の車両のやねも大半がタール使用で、タールを塗装しているだけの防水仕様です。国鉄時代の車両を写真等で見ると黒いのが解かります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です